声かけパンフ配布50万部達成! どのように声かけが広がったの?
投稿日:2020年12月04日

[メッセージリレー#1]全東急ストア労働組合 様より

皆さまからのご支援・ご協力により今年10月に声かけパンフ50万部を配布突破いたしました。
配布を達成できたのは、声かけの大切さに共感し、作成と配布のご協力をいただいた皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。

今回、配布のみならず声かけパンフの活用方法を、ご協力いただいた企業様にインタビューをしました。

第一回目は、日頃より「声かけパンフ」をはじめ、私たちと一緒に盲導犬の応援をしてくださっている「全東急ストア労働組合」様からいただいたメッセージをご紹介します。

パンフレットの写真とコメント「障がいを持たれた方に対しての声かけへの悩みが解消されました。これからも盲導犬支援の輪を広げていきたいと思います!」

 全東急ストア労働組合では、組合50周年にあたる2006年より、社会貢献活動の一環として日本盲導犬協会の賛助会員としての活動を継続して行なってきました。
 近年では、組合員の「盲導犬のことをもっと知りたい」の声に対し盲導犬訓練施設である「富士ハーネス見学バスツアー」を開催し、盲導犬の育成や役割について理解を深めてきました。今年は、コロナ禍で、「富士ハーネス見学バスツアー」の開催を見送らざるをえませんでした。

 このような状況下の中、盲導犬支援の輪を広げ、組合員に活動を広める為にはどうしたらよいのかと悩んでいたところ盲導犬総合支援センター様より「声がけパンフ」の配布をご提案いただきました。

 早速、組合員向けの機関誌と一緒に配布したところ
「障がいを持たれた方に対しての声かけへの悩みが解消された」
「盲導犬ユーザーの方に実際にお声がけしたい」等
大きな反響がありました。

 コロナ禍で行動にも制約があり、社会貢献活動への取り組みを進めることが難しい側面も多くありますが、今後もできることから一歩ずつ盲導犬支援の輪を広げていきたいと思っています。

テキストと写真:全東急ストア労働組合

~ありがとうございました~

全東急ストア労働組合様、あたたかいメッセージをありがとうございます! 50万部配布できた背景には、企業様の熱い想いも込められ、皆さまの手元にお届けが実現できております。

より多くの方に配布のご協力をいただくことで声かけパンフをもっと広げていきたいと思います。
引き続き、皆さまからのご支援・応援よろしくお願いいたします!

盲導犬応援プロジェクトの詳細、ご支援はこちら

Category

  • イベントアイコンイベント
  • プロジェクトアイコンプロジェクト
  • 著名人インタビューアイコン著名人インタビュー
  •  
  • 企業インタビューアイコン企業インタビュー

犬ぐらしコラム