盲導犬応援プロジェクトvol.16~盲導犬ユーザーが教えてくれた小さな物語 第4話
投稿日:2020年01月09日

盲導犬ユーザーが盲導犬と歩くことで出会えた嬉しかったこと、胸が熱くなったことを小さな物語にしました。

第4話は盲導犬ユーザー、岡野宏治さんと盲導犬グリーンのお話。

30代の時に、徐々に視力が失われていく病気を発症した岡野さん。その後、長年努めていた会社を辞めて鍼灸院を開業。現在は2頭目になる盲導犬グリーンと暮らしています。そんな岡野さんとグリーンの小さな物語です。

私の名前はグリーン。お父さんとのお出かけが大好きな、ラブラドールの女の子。今まで色んな場所へ出かけたけど、その中のひとつ、近江八幡旅行の思い出を聞いてね。

近江八幡に着いて最初に向かったのは、有名な洋菓子工房。焼き立てのカステラやバームクーヘンが食べられると知って、美味しい物が大好きなお父さんは、何よりもまずここに行きたかったみたいよ。

でも初めての場所だから、お父さんは念のため、事前に工房へ連絡を入れていたの。
「盲導犬と一緒に行きます」って。

想像以上に広い洋菓子工房に到着後、甘い匂いに包まれたカフェに入ると、店の奥から出てきたスタッフの方が最初にこう言ったの。

「お待ちしていました!」

私たちを気持ちよく出迎えられるよう、工房全体に連絡が行き届いていたことに、お父さんはびっくりしたみたい。しかも私が、ここを訪れた盲導犬第1号だったらしいわ。だからスタッフの皆さんも、私が来ることを楽しみにしていたんだって。

それを聞いたお父さんは、すごく嬉しそうだったのよ。

広めの席に案内された後、私がお父さんの足下に伏せをしただけで、「すごい!えらい!」とスタッフの皆さん。思わず私もシッポをブンブン♪大きな窓からふりそそぐ柔らかな日差しを浴びながら、念願の焼き立てのカステラにご満悦のお父さん。

でもそれ以上に、スタッフの皆さんの温かいおもてなしの心に触れられて、お父さんはとても幸せそう。

あの旅行から何年か経った今でも、お父さんは時々言うの。

「グリーン、今度はいつ近江八幡へ旅行しようか?」って。お父さん、次は焼き立てバームクーヘンを食べたいんだって。
byグリーン

「盲導犬ユーザーが教えてくれた小さな物語」
第1話はこちら
第2話はこちら
第3話はこちら

1000円で盲導犬にイイコトできる盲導犬応援プロジェクト

1口1,000円で参加できる盲導犬応援プロジェクトは、盲導犬ユーザーへのお手伝い方法がわかる「声かけパンフ」の制作及び配布活動の支援につながります。

お手伝いの声かけをもっともっと広げていく為に、ご協力よろしくお願いします。
盲導犬応援プロジェクトの応援方法はこちら

chiaki
絵とお話:デザイナー セツサチアキ

Category

  • イベントアイコンイベント
  • プロジェクトアイコンプロジェクト
  • 著名人インタビューアイコン著名人インタビュー
  •  
  • 企業インタビューアイコン企業インタビュー

犬ぐらしコラム