うちの子って寒さに強いの?犬種による違いとは?
投稿日:2018年01月16日

今年はなんだか、とっても寒くなりそうな気配ですね…
皆さまの愛犬は今どんな様子でしょうか。

寒さなんて関係なく走り回っている子、
こたつから出てこない子…
様々だと思います。

わんこは基本的に、寒さに強い生き物です。
それは、アンダーコートが生えているから。

愛犬の毛の根元を覗いてみてください。
外から見える毛をかき分けると、中にはふわふわの毛で皮膚が見えない程
覆われているはずです。
そういった子は、冬の寒い環境に対応できる子たち。
柴犬
柴をはじめとする和犬やコーギー、ポメ、ラブやゴールデンもその仲間に入ります。
また、シベリアンハスキーをはじめとする寒い場所で活躍していた子たちは、
これからの季節が快適に過ごせます。

寒くなってきたら、毛の隙間に空気を取り込んで、空気の層を作る事で寒気をシャットダウンしています。
人間でいうと、ダウンのコートを着ている様な状態です。

でも、毛をかき分けても、すぐに皮膚が見える様な子もいます。
トイプードル
トイプードル、コッカースパニエル、イタリアングレーハウンド等がその仲間。
この種類の子たちは、シングルコートと呼ばれ中のふわふわの毛を持っておらず、
基本的に寒さには弱い種類です。
こういった子たちには、ぜひぜひ寒さ対策をしてあげてくださいね。

そして、冬のこの時期気を付けたいのが、お鼻の短い子たち。
フレンチブルドッグ
この子たちは、シングルコートでお鼻が短いので、温度調整がとっても苦手です。
さっきまでぶるぶる震えていたから暖房の効いた部屋で毛布にくるんであげたら
熱中症に…
なんて事もあるので、適切な温度管理をしてあげてくださいね。

人間にとっては寒い寒い冬。
愛犬にとってはどんな季節なのか。
その子に合わせた防寒を、見つけてみてくださいね^^

通販部チーフ 岩間
テキスト:通販部リーダー 岩間

Category

  • イベントアイコンイベント
  • プロジェクトアイコンプロジェクト
  • 著名人インタビューアイコン著名人インタビュー
  •  
  • 企業インタビューアイコン企業インタビュー

犬ぐらしコラム