簡単3Step!お家で出来る歯磨き習慣
投稿日:2020年03月11日

お家での歯磨きの方法はどうしたらできるのかをステップ順にお伝えします。
犬の歯磨きの写真

まず、抑えておきたいポイント


 □「歯ブラシ=いいもの」と印象づける
 □ 褒める、ご褒美を忘れずに!
 □ 毎日の習慣にする
 □ 最初は短時間で切り上げる
 □ 散歩やご褒美を与えるなど、楽しいことをセットにする

[注意] すでに歯肉が腫れていたり出血があるなどがある場合は治療を行ってから改めて歯磨きの練習を行いましょう。

ステップ1 口に触れる
わんちゃんをリラックスさせた状態で行います。口を触った後に褒めたり、ドライフードを口を開けて入れたりすることを何度も行います。
そして、人の手が口を触る、口を開けることに慣れてもらいましょう。
ステップ2 歯に触れる
人が口を触ることに慣れたら、ぬるま湯で濡らしたガーゼなどを指に巻いて、歯の表面をなでるように行います。
①ガーゼを巻いた指を水で濡らし、缶詰の汁やお肉のゆで汁、歯磨きペーストなどをつけてなめさせてみてみましょう。
②歯に触れてみる!慣れてきたら少しずつ触れる時間を長くしていきましょう。
ガーゼを巻いて、歯を磨く写真

スタッフわんこでステップ2の「歯に触れること」に挑戦してみました。
歯に触れることに挑戦してみた写真
わんちゃんが落ち着いた状態で、前歯を見てみる。指を奥まで入れてみましょう。最初は手をそえてあげるとわんちゃんも安心します。
毎日続けていれば少しずつ我慢が出来るようになります!
ここまで嫌がらずにさせてくれるようになったら、いよいよ次のステップ、歯ブラシにチャレンジ!

ステップ3 歯ブラシでタッチ
①水で濡らした歯ブラシに、わんちゃん1番の好物をつけて舐めさせてみましょう。
(歯ブラシ=いいものと印象付ける)
②軽く唇をめくり、歯ブラシを軽く当てます。当てたらすぐに褒めましょう。
歯磨きはどこから始めても構いませんが、磨きやすいところから始めて、徐々に奥歯へと進んでいくとやりやすいと思います。

最初はそっと歯に触れてみて、少しずつ触れる時間を長くしていくことが出来れば完璧です。

上級編   歯の裏を磨く

① 口を開ける練習
少しずつ口を開ける時間を長くしていきます。毎回、褒めることを忘れずに!
② 上顎の歯を磨いてみる
③ 下顎の歯を磨いてみる
ここまで出来るようになれば歯磨きマスターですね!

歯磨きをすることは長寿の秘訣♪

練習の段階で嫌がる様子があったら、無理やり続けなくて大丈夫です!喜んで出来た部分、じっと出来ていた部分までもどり、成功させてから次のステップへ進むようにしましょう。
人と同じように食べた後は歯磨きをするを習慣づけが出来たら面倒くさくなくなりますので、愛犬と一緒に頑張りましょう!

スタッフ目時の写真
テキスト:通販事業部 スタッフ目時

Category

  • イベントアイコンイベント
  • プロジェクトアイコンプロジェクト
  • 著名人インタビューアイコン著名人インタビュー
  •  
  • 企業インタビューアイコン企業インタビュー

犬ぐらしコラム